塩水療法って知ってますか?やっぱり天然塩はすごいわ

塩・糖・脂!

っていうCMがありましたね。

あれを見ると、塩は悪者に見えます(‘ω’)ノ

 

でも、天然の塩と精製された塩化ナトリウムを同じ物として考えているところに問題があります。

 

本物の塩、たとえば海塩や岩塩は体にとてもいいも且つ必須なのです♪

 

 

 

健康に必須のいい水と塩。

これを摂っていくと不快な症状が消えたり、体が元気になるのが実感できるようになります♪

 

昔から「塩水療法」というものがあって、病気を治すのにも使われましたが、一般に広く広まることはなく弾圧されてきた歴史があります。

 

西洋医学からみておかしなものや、安上がりで業界にとって脅威で潰しておきたいものは、歴史から葬り去れることがありますよね・・・

 

 

ところで、塩水療法に使うのは塩と水。

もちろん塩と水なら何でもいいというわけではなく、クリスタル岩塩の本ものと浄水器を通した水などの品質の良い水を使うことが大事です♪

 

塩水療法にはクリスタル岩塩が一番良いとされていますが、なければ自然海塩などを使ってもできます(#^^#)

 

塩水療法はヨーロッパで行われていたので、質の良い岩塩を使っていたのではないかな。

ヒマラヤ岩塩なども有名ですが、中にはまがい物もあるので注意が必要です。

信用できるショップで買いましょう♪

 

さてさて、塩水療法は・・・

・水に対して0.1%の濃度の塩水を飲む!

・飲むだけじゃなく、目や鼻の洗浄にも使える

 

0.1%の濃度というと、1リットルの水に1グラムの塩です。

体調が悪い方や薬を飲んできた方は、最初はもう少し薄い濃度から始めて徐々に慣らしていくのがいいそうです。

 

これだけなのです。

あっけないほど簡単ですね~。

 

理想的には、1日2,3リットルの塩水を飲むのがお勧めとか。

起床時、朝食時、昼食前、昼食時、夕食前、夕食時、就寝前

1回300ccほど飲むとよいそうです。

 

ただ、これはけっこう難しいですよね。一日くらいならできるけど(笑)

 

この中で特に大事なのは、就寝前と起床時だそうです。

夜中に水分が失われてしまうので、それを防ぐために就寝前。

朝起きた時には水分が不足しているので、起床時。

 

寝る前に水分を摂ると夜中のトイレが心配ですが、その場合は少し量を減らすとか、寝る前に必ずトイレにいくとか工夫すればいいかと。

 

確かに年を取ると、夜中にトイレに起きることがあって寝る前に水分を摂ることを控える人もいますが、これは脳梗塞などを起こす確率を上げてしまうんですね。

 

だから私は夜中に一度起きてもいいから、必ず寝る前に水分を補給することにしています。

これまではタダの水でしたが、これからはクリスタル岩塩を入れて飲もうと思います。

 

はい、私、いい塩は毎日摂っていましたが、塩水療法は初めてなのです。

 

今は特に病気ということはないですけど、これから起こる病気を予防するためにも役になってくれるんじゃないかなぁと思います(^^♪

 

 

 

今、「健康のために塩を摂ってるの」なんて言ったら「馬鹿」って言われそうですよね(^-^;

高血圧で病院に行けば、減塩を言い渡されるのが普通です。

 

でも、医師の中でも「良い塩」の摂取を勧める人もいるのです。

       

 

 

昔、広島に原爆が落とされたとき、爆心地にほど近い場所にいたにもかかわらず原爆症にならずに生き延びた方たちがいます。

ある医師が、玄米、味噌、塩を摂ることを徹底したのがその理由だそう。

それほど塩って絶大な力があり、昔からそれを認められていたということです。

 

こう考えると、日本食ってすごいな、塩や味噌、玄米ってすごいな、と思いますね。

 

ただ、塩は塩田法が制定されてから、昔ながらの塩が作れない時期があり、精製された塩化ナトリウムが今でも主流なのは残念至極です。

 

でも今は自由に塩を作って販売できるので、私たちがちゃんと選べばいいのです^^

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA