外壁と屋根の塗装、下見の結果がっかりなことに・・・

外壁塗装って読み方は「がいへきとそう」ですよね。

「塗装」がないと「そとかべ」って読むかな、とかどうでもいいことを考えていました(笑)

 

それもこれも現実逃避したいからかもしれません・・・!

 

なぜなら・・

 

今日、先日の壁と屋根の下見の結果を聞いたから。

 

 

もうおわかりですよね。。

 

 

そうなんです、壁はまだしも、屋根は塗装だけじゃすまない、葺き替え(ふきかえ)かそれに準ずるものをやらなくてはダメ、と言われました(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

たしかにね、コロニアル葺の瓦みたいなものの端っこが剥がれてめくれ上がり、雨水を吸い込んでいるのか少し膨らんでいたのをこの目で見ています。

 

葺き替えというのは、屋根を全部交換する感じ。

数百万の費用がかかるのですが、これは高いってことで、もう一つ方法があるそうです。

 

それは、今の屋根をはがさないで、その上に防水などの処置をした板を貼り、その上にさらにもう一枚屋根代わりのものを乗っける方法です。

 

屋根の補修についてなんて何の知識もありませんから、リフォーム屋さんの言ってることもわかるようなわからないような・・

 

まぁ、一番簡単な塗装で済むほど軽傷ではなく、本格的ケアをしなくちゃいけないけど、もう少し安くあげましょう、って感じなんですね~。

 

 

ところで、うちはもう16年も経過していますが、10年にならないくらいで塗装をしておけば、次は15年くらいもつそうですよ(ちゃんとした塗装をすればね)

 

ほんと、5、6年前にやっておけば、あと10年はもったってことかぁ。

 

旦那と話して、もうこうなったら引っ越そうか、と言ったのですが、旦那はそうするにしても直すところはきちんと直していった方がいい、と真面目な回答を返してきました(アレマー)。

 

 

近々、リフォーム屋さんが見積もりを持ってきてくれるそうです。

 

あぁ、見たくない見たくない・・・

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA