YM菌とワン酵素を混ぜただけの簡単化粧水がスゴイ!

こんにちは。マーヤです。

YM菌、生活の全てに使えてとてもいい仕事をしてくれます。

そのままスプレーに詰め替えて顔にシュシュッとスプレーしてもOKですが、少ししっとり感が足りない、と思う方は、ここに「ワン酵素」というのを少量混ぜると保湿力が上がりますよー。

 

もはやスキンケアはワン酵素入りYM菌化粧水だけでもイケるんじゃね?というレベル!

特別乾燥肌でなければ(^^)/

あと、面倒くさがりの方にもお勧めですよ。

ワン酵素はちょっとお高いのですが、小さいサイズなら3000円前後で買えます。
しかも、使う量は化粧水の場合全体の1%くらいだから、小さいサイズでもかなりもつのです。

 

ワン酵素の使い方

ワン酵素って何に使うの?どうやって使うの?という疑問にお答えします^^

そもそもワン酵素は食べものから作られているので、安全で何に使ってはダメということはないのです。

働きとしては、

活性酸素を除去し、還元の方向に持って行く

ということです。

え?わかりにくいですか?

平たく言うと、人や植物、動物が錆びるのを防いで元気にする、ってことです。

ワン酵素の使い方は無限大、と言ってもいいかもしれませんが、例えば・・・

・ワン酵素(水で100~1000倍希釈)をしみ込ませた新聞紙で野菜を覆う(⇒野菜新鮮、長持ち)

・お酒にシュシュッと振る(⇒毒素が抜けて美味しく)

・化粧水に入れる(⇒しみ、そばかす、肌荒れにいい)

・髪にシュシュッと(⇒静電気防止、髪の傷みにもいい)

・ペットに(⇒被毛をきれいに、皮膚の状態の改善に)

・コンビニやファストフードに(⇒毒素が抜けてまだましな食べ物に)

・部屋全体に(⇒テラヘルツ波で部屋が癒しの空間に)

・植物や野菜苗に(⇒育ちがよくなる、病気を防ぐ)

 

まだまだありますねきっと。
ともかく食べられるものから作られているので、何に使っちゃいけないというのがないです。

こんなのに使ってみたらどうかな?とあれこれ試してみるといいかも。

 

ワン酵素ってなにさ?

ワン酵素は遮光瓶に入っていますが、中身は透明で水みたいです。

酵素っていうからには酵素なんだろうけど、イマイチわからないですよね。

ひと言でワン酵素を説明しろ、と言われたら、

微生物の代謝物を長時間かけて抽出してミネラル化したもの

なんですね!

これでもまだわからない?

でも、そこまで詳細にわからなくても、使ってみると良さがわかります、安全だしね♪

ワン酵素は、

玄米/ブドウ/バナナ/黒糖/米麹/長芋/昆布/クロレラ/はと麦/アガリクス/酒糟/クエン酸

これらを発酵させています。
原材料はこれだけなのです。安心感は突出してますよね。

 

ワン酵素は口コミでもなかなか評判よし

最初はワン酵素の使い方がわからなくて、セミナーに行ったりグループに入って知識を増やしました。

そして、みなさん、食べものやペット、部屋の浄化など、あらゆるものに使っていていい感触を得ていることがわかりました。

それまで何種類もの化粧品やサプリを持っていたのですが、それが1つで済んでしまうこともわかりました。

 

ワン酵素は、このブログでも紹介している「ありがとうボトル」と同じ開発者(小鹿俊郎さん)による製品です。
小鹿さん、面白いものを色々発明しますね!

私も講演会に何度か参加しましたが、モノヅクリにかける情熱と執念は半端ないものを感じます。

でも独りよがりの発明じゃなく、きちんと公的機関や大学教授などに客観的な数値で評価してもらっているところが信頼できる理由です。

データで示されると買う方も安心というか納得して買えますね。

 

ワン酵素は作り方としては難しいものや最先端のテクノロジーを使ったものではなく、昔からあるシンプルな方法だというのも驚きですね。

発酵と醸造を繰り返して、時間をかけて取り出したワン酵素、食品から取り出したもので巷の高額サプリと比べると驚くほど安いのも魅力です^^

 

ちなみに「ワン酵素」と「メビウスウォーター」は名前が違うだけで、中身は同じです。
便利なオンラインショップがお勧めです。ワン酵素(メビウスウォーター)のご購入還元くんオンラインショップ

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA