ワンゲルはやっぱりスプレータイプ容器はダメだった

こんにちは、マーヤです。

ワンゲルは袋のままだと使いにくいので、別容器に詰替えた方がいい、という記事を書きました。

そして、スプレータイプでも普通の容器(化粧水用の)でも大丈夫、みたいなことを書きましたが、やっぱりスプレータイプはやめた方がいいですね(>_<)

 

ワンゲルはジェルタイプなのでまったりしています。
スプレータイプはやはりサラッとした液体じゃないとスムーズに出てこないのです。

ワンゲルは振動をかけると液体になるので、容器を振ってやればいいという話もありますが、振ってもなかなか出てこないことも多いです~。

1回目にシュッとやったら出てきたけど、2回目は出てこなかったとか、けっこうイライラします(笑)

出てきても少量とか、思ったように使えないのも面倒ですね。

一方、化粧水用のボトルだと逆さまにして容器の腹を押せば(プラスティックボトルだと押せる)ゲル状のままでも出てきます。

ゲルがまわりにちょとついてキタナイ感じになりますが、さっとふき取れば簡単に取れます^^

 

容器の腹を押してやれば、一回分はたっぷり出てきます。

顔だけだったらこれで充分。冬場などは肘とかかかととか、手足にも使うといいですよ。
カサカサ乾燥して白くなるのも防げます。ベタつかないからボディミルクとしても優秀♪ しかも安い!

 

スプレー容器に移し替えてしまった分は勿体ないけど、逆さにしてトントンとやって全部出し切って使います♪

容器はガラスタイプとプラスティックタイプがあって、お値段はプラスティックの方がずっと安いです。
それにワンゲルにはプラスティックのほうが使いやすいんですね。ガラスタイプのものはサラリとした液体状のものに限った方が良さそうですね。

 

ワンゲルの保管は日の当たらない冷暗所でOKで、遮光タイプじゃなくても大丈夫じゃないかと思います。

肌の乾燥は冬場に限った事じゃありません。夏も冷房で肌が乾きますね。
つまり一年中肌は保湿が必要ということで、ワンゲルは通年使えて便利です^^
私はまだ使い始めてそれほど時間が経っていませんが、化粧ノリもバッチリで粉がふくこともなくなりました!

化粧水ボトルは使いやすいので、ガンガン詰替えてガンガン使おうと思います♪

☆ワンゲルのご購入こちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA