秋から冬になったら、還元くんボトルに風邪をひかせないようにしよう

こんにちは、還元くんファンのマーヤです。

ところで、還元くんは生きています(笑)
というか、そのつもりで扱うといいと思います。

人間でも冬に寒い恰好をしていると風邪をひきますよね、寒いですよね。

 

還元くんも同じで、冬は温めてあげることが大事です!

 

夏の間は還元くんをそのままその辺に置いておけばOKですが、冬はちょっと気を使ってあげないとボトルがちゃんと働いてくれないかもしれません。

 

面倒ですか・・・?

 

温度を一定に保つ方法としては、ボトルをタオルなどで巻いたり、暖かい部屋に置いておくなど考えられますが、簡単にやりたいという場合はいいモノがあります。

 

還元くんを上手に使っている方は、こういうのを使っていました!

 

 

ヨーグルトメーカーです♪

アイリスオーヤマのIYM-012というのがサイズ的にピッタンコだそうです。

 

ヨーグルトメーカーと言っても色々な用途に使える優れもの。
温度も25℃から60度まで1℃刻みで設定できます。

タイマーも1時間から48時間まで設定できるから必要にして充分!

 

しかも、お値段が手ごろで嬉しいです。衝動買いできるお値段です(笑)

また、還元くんがすっぽり入る、おあつらえ向きのサイズなんですね~。還元くん、身長が高いのでなかなかピッタリ収まるものがないんですけどね。。

 

ずっと還元くんを使っていきたいという方は一つ持っていてもいいかもしれないですね。

 

とは言え、そんなに神経質になることはない。

還元くんは寒がり暑がり(お茶の温度が適正でないと水素を発生させない)で、ちょっと扱いにくいかな、と思うかもしれませんが、案外大雑把なところもあります。

 

そう・・・温度さえ極端に冷たい熱いということがないように気をつければ大丈夫。

 

放置する時間もきっかり24時間とか12時間じゃなくてもいいんですね、実は。

私も初回こそ24時間というのは守りましたが、数回作って慣れたら放置時間は感覚になってきました(^-^;

あんまりきっちりやろうとすると続かないし面倒になるので、適当・大雑把くらいがちょうどいい。

 

たとえば、還元くんは連続してお茶を作る(空にしない)ということですが、すぐ次のお茶を作らなきゃいけない、ってこともありません。

 

多少還元くんがカラっぽの時間があっても、作ってみると還元電位は下がって水素茶ができます!

 

テキトーテキトー♪♪

 

これで大丈夫です。

 

 

ところで、ヨーグルトメーカーを考え付いた人はスゴイ!と私は思います。

こういう柔軟性が何をするにも大事ですよね(#^^#)

私は気づかなかったなぁ。

炬燵の上に置いておこうかとか(炬燵ないけどw)、でもそうしたら夜中は冷えるよな、とか思っていましたからね~。

 

 

保温をお金をかけずにやろう思ったら発泡スチロールの中に入れておくというのも一つの方法。

いいかもしれません。ホッカイロとか入れて置くのもいいかも。

 

でも、ちょっと見栄えが悪いかな??

人目につかないところに置けるとかであればいいかも。

 

通販で商品を頼むと発泡スチロールに入ってくることもあるので、そういうのを利用すれば無料~♪

なかなか保温効果もグッドです。

 

とまぁ、色々考えながら還元くんを育てていくのも楽しいですね!

還元くんのご購入は還元くんオンラインショップ

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!