無農薬無肥料栽培の人参を皮ごと還元くんに入れてみる

こんにちは~、暖かいと思ったら寒くなったり、体が追い付かないマーヤです。

さてさて、ちょっと間が空いちゃいましたが、最近いいお野菜が手に入ったので、野菜から酵素を取り出してみようと思います。

新鮮な野菜や肉、魚には、たっぷり水素が含まれている!

これを忘れちゃいけませんね♪

何も水素水や水素茶を飲まなくても、新鮮で農薬や化学薬品がかかっていないものを食べれば、ほんとはそれで充分だそうです。

この人参は、無農薬だけじゃなく無肥料で作られたものなのです。

無農薬減農薬栽培はわりとあるけど、化学肥料も一切使わないものはそれほど多くありません。

自然農を実践している農園が、うちから車で10分くらいのところにあるのを、つい最近知りました。

こんな近くにあったのね・・・、と驚いたり喜んだりで、早速出向いてお野菜をいくつか買ってきました(^-^

無農薬無肥料で育てられているから、もちろん皮ごと食べられて、栄養もフルに吸収できます♪

お野菜って身と皮の境目のところや根っこの部分に栄養がギューッと詰まっているんですよね。

 

泥だけ綺麗に落として・・・

少量でも水素は発生するというので、先っぽの方を少し切って使います。

ほんとはもっと少なくても大丈夫かもしれないな~。

 

野菜の水素水を作る場合はお湯じゃなくて水でも大丈夫、とのことですが、夜は冷えるのでぬるま湯を入れてみました。

温度は人肌かそれよりちょっと低いくらい、30℃から35℃くらいかな。

口までぬるま湯を注いで蓋をしたら、いつもの保存袋に入れてキッチンに置きました。

毎度おなじみの豚まん屋さんの保冷保温袋です♪

温度が低くなってしまうのがやっぱりちょっと気にはなるけど、うまくできるかな??

明日水素量を測ります。

ではでは・・・

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!