ルーヴルドーの復元ドライヤーは乾かすだけじゃない、リフトアップやツボ押しもできる

ルーヴルドー(Louvredo)復元ドライヤーを買ってみましたよ。

この製品を知ったのは最近ですが、普通のドライヤーとちょっと違うみたいです。

復元ドライヤーは、育成光線とマイナスイオンを放出するので、髪を傷めることなく乾かすことができるんですね。

しかも、用途は髪を乾かすだけじゃなく、ツボを刺激する効果もあるので全身に使えるという便利グッズなのです。

お灸や針などで使う「ツボ」ってありますよね、そこに復元ドライヤーの温風を当てるだけで同じような効果が期待できるのです。

そういえば、お灸もツボを温めて症状を改善するものですからね。

 

体には361個のツボ(経穴)があるのだそうです。
頭痛にはここ、とか、腰痛にはここ、とかね。
ググればいくらでもネットにあります。

復元ドライヤーは、自分のツライところに相当するツボに向かって温風を当てるだけでOK。

家庭用のお灸もあるけど、けっこうめんどくさいでしょ。
ドライヤーなら簡単だし、お風呂に入ったあと髪を乾かすついでにできるのもいいかなと。

 

私は軽い腰痛があるので腰のツボで手の甲にある腰腿点<ようたいてん>や、腰にある腎愈<じんゆ>、志室<ししつ>、命門<めいもん>あたりに温風を当ててみようと思います。

 

あと、やっぱり期待するのがリフトアップかな~。

美顔マッサージはプロにやってもらうと確かに効果があるけど、痛いし高い!
1回行ったら復元ドライヤーが1台以上買えてしまいます(笑)

 

きっと復元ドライヤーを買う人もしわやたるみが改善されたら、という期待が大きいのでしょう。
リフトアップのツボがパンフに載ってます(笑)。

リンパの流れに沿ってドライヤーを当てる感じですね。簡単です。

 

あと、ドライヤーって肌の近くで使ったらすごく熱いですが、復元ドライヤーは低温なんですね。
だから10センチくらいに近づけても大丈夫。

ただ、LOWにしないとダメですけどね。

 

 

復元ドライヤーの口コミ

復元ドライヤーを買うことになったのは美容師さんの紹介ですが、お客さんでも使っている人が多いとか。

私が髪をカットしてもらっている時もお客さんがやってきて買っていきました。

やはり美容院だから女性のお客さんが多く、髪を傷めない事の他にリフトアップ効果を試している人が多いみたいです。

で、お客さんの一人が顔の片側だけ復元ドライヤーを当てたら、ハッキリ頬っぺたが上がってフェイスラインがシャープになり、たるみが改善されたとか。

まぁ、永久的なものではないのですが、2,3日はそのままの状態をキープできたそうですよ。

髪は毎日とか1日おきくらいには洗うと思うので、2,3日に一度のペースで続けるのは簡単ですよね。
これはやってみるわ~。

 

なんだかその美容院では口コミが口コミを呼んで、一人で数台まとめ買いする人もいるそうです(知り合いに頼まれたとかで)。

 

一般的にリフトアップ法はクリームを買ってマッサージする、ローラーで顔をコロコロする、美顔器を使うというのが定番ですね。

私も以前試したことがあります。
でも、元来飽きっぽいし美への探求心が薄いので、続きませんでした。

でも、ドライヤーならやり続ける自信がある。

 

 

復元ドライヤーはネット販売が禁止されています。
探せばあるのですが、非正規品扱いになって保証の対象外です。

安いものじゃないので、ここは定価で買ってきちんと保証してもらった方がいいかもしれません。

復元ドライヤーは提携したお店やサロンでしか買えないので、自分の家のそばにはないかもしれないのがネックですね。

私はたまたま徒歩3分のところに取り扱い美容院があったのでラッキーでしたが♪

ルーヴルドーのHPには全国の取扱店が掲載されているので、とりあえず調べてみるといいですね。

 

ルーヴルドーの復元ドライヤーで髪サラサラしっとり

ルーヴルドーの復元ドライヤーは、ツボ押し効果だけじゃなくもちろん髪にもとてもいいのです。
なんだかそちらが置き去りにされてしまいましたが(笑)

低温だけどパワーがあるので、髪を乾かす時間も短縮できるし、何より毎日使っても傷まないのがいいですね。

マイナスイオンドライヤーと言えば、某有名メーカーの人気ですが、両方使った人は復元ドライヤーのほうが断然いい、と。

いずれにしても、髪を乾かしているのに傷まず、しっとりサラサラになるのはいいですよね。
決して有名ブランドが悪いというわけじゃありません。

 

私もまだ買ったばかりなので、使ってみた感じをまた書いてみたいと思います。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!