ワンゲルの詰め替え容器は、ジャータイプが最高だとわかりました

こんにちは、マーヤです。

 

年の瀬で何かと気ぜわしいですが、そういう時こそ健康に気をつけていきたいですね♪

 

ところで、化粧水として大活躍の「ワンゲル」ですが、パウチに入っているので少し使いにくいのが難でした。

で、スプレー容器に入れ替えて見たり、ボトルタイプに入れ替えて見たりして使っていました。

 

・・・が!!!

 

ジャータイプの容器に入れるのが最も使いやすい!ということに気づきました。

なんだか、考えてみればそうだよね・・・って話ですが、なかなか気が付きませんでした(^-^;
誰か、教えてくれよ~って感じ。

 

そんなわけで、はい、詰替えましたよ♪

広い口なので、詰め替えも楽々、使うのも楽々ですね~。

そういえば、オールインワンジェルとか、こういうジャー容器に入っていましたっけね。

 

ワンゲルはゲルタイプといってもゆるいテクスチャーなので、入れ替えるのも楽ちんです。

 

手ですくって使うタイプのものは、雑菌が入りやすいと言われますが、私はまぁいいかな、使いやすいほうが、と思います。

 

化粧水ボトルタイプの方が確かに雑菌はつきにくいと思いますが、最期の方になると逆さまにして手のひらでトントンしないと出てこないんですね。

急いでいる時とか気の短い人(笑)は、イラッとさせられるかも。

 

いやぁ、私はこれに変えてすごーくスッキリしました。

必要な量だけ取るのにも便利だと思いますよ。

 

私の使ったジャー容器は携帯できるくらい小さいものでしたが、もっと大きいのでもいいですね。

家で使うなら大きい方が使いやすいと思います。

 

ワンゲルは300ml入りなので、できるだけ大きな詰め替え容器(40mlから50ml)がいいと思います。

ネットでも10ml入りくらいのものが多いですが、大きいものがあればそちらの方がお勧め♪

また、紫外線などの影響を防ぐために、写真にある白いタイプや、ちょっと高くなるけど青いガラスの遮光タイプがいいと思います。

透明のはオシャレだけど、ゲルが傷んでしまうかもしれないので。

 

また、余計なことかもしれませんが、ワンゲルとスプレー容器をセットにして売っているショップもありますが、スプレータイプはノズルが詰まることがあって、スムーズに出て来ません。

特に冬場、ゲルが硬くなってしまうと余計出にくくなるんじゃないかなと思います。

 

ワンゲルは振って振動させると水になるから大丈夫、と言いますが、それでもやはりゲルの特性が残っているのか、少し硬くて出てきにくいのです。

もしかしたら、私の使い方が悪いのかな、とも思いますが・・・

 

でも、私としてはジャータイプにしてワンゲルが使いやすくなった、と満足です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!