土ならしして、砂利を敷く

庭の雑草をきれいに抜いて、土を削ったあとは、真砂土舗装するところに砂利を敷き詰めていきます。

煉瓦で境を作って、砂利を敷いていく。

 

 

なるほど、砂利を敷いてその上を舗装すると、ちょうどマンホールと同じくらいの高さになるってわけですね。

 

 

 

 

クーラーの室外機のところです。

室外機の下の部分は細かい砂利を敷きますが、ここは防草シートをしないのでそのうち雑草が生える!

雑草はどこからでも顔を出すのでけっこう大変。ドクダミなど根がしっかりしているものが生えてくると面倒ですねー。

雑草も簡単に抜けるものとかなり力をいれないと抜けないものがあるんですよ。

 

 

物置を置くスペースも煉瓦で囲ってもらいました。

前にも言いましたが、この部分、スペースだけでまだ物置が置かれてません(‘ω’)ノ

一応小さい物置があって(写真にはないですが)、そこに雑多なものがおさまっているのでそんなに急がなくてもいいかな、と。

なんせ物置だけでも10万くらいするんですよねぇ。

物置に10万・・・

ちょっとおしゃれなものなら、30万以上・・・

考えますよねー。

どうしても今必要ってわけじゃないので買わなかったのですが、だいたいその時買わないとずっと放置ってことになりがち。

 

 

そして、出来上がったのが下の写真で=す。

 

自分で煉瓦を買って花壇を作る人もいますが、ここまではきれいにできないですね、きっと。

まぁ器用な人はやっちゃうのかも。でもかなり大変だと思うな。

 

真砂土舗装は1日か2日くらいで歩けるようになったと思います。お天気にもよるでしょうが、そんなに乾かす日にちは不要だったと思いますよ。

 

やっぱり完成直後はきれいで気持ちいいです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!