庭のリフォーム前、雑草抜いてスタート

庭の土部分の一部を真砂土舗装にしましたが、最初はまずは雑草を抜くところから始まりました。

と言っても自分で抜いたわけじゃなく、ここも業者に依頼しました。一人でやったら何時間かかるんだってくらいの状態でしたからね~。

 

ところで、業者さんの草むしりはものすっごく早い!!

どんな風にやるのか見てみようと思って30分くらい(?)して庭に出てみたら、すでにぜーーんぶきれいになっとった!

 

庭を整地する場合、土も少し削るんですね。写真を見てもらうとわかりますが、マンホールはくっきり顔を出し、パイプまで見えるくらい削ります。

だから、単なる草むしりじゃなくて、整地と下準備を兼ねているってことです(^^)/

 

 

写真を色々紹介しますね。

マンホールのまわり。

えーー!?こんなに削っちゃうの?って感じです。

 

 

2階から撮影。

坪庭風のへこんだ部分にデッキを設置しようかと思っていましたが。。

予算の関係でそれはナシになりました(´;ω;`)ウッ…

 

育っている最中の楓は、抜いて新しく作った花壇に移植してもらいました。

 

 

 

きれいに、ものの見事に雑草がなくなってます。
どうやってやったんだろうなぁ?ちゃんと最初から見ておけば良かった。

 

 

 

まだ土を削る前かな?マンホールが埋まってますね。

 

 

 

袋の中身は雑草か!?

 

 

 

 

水道まわりもググッとえぐれてます。

 

 

花壇のだいたいの寸法取りもしていますね。

 

さ~、ここから真砂土を流し込んだり、防草シートを設置して砂利を敷いていきます。

 

その様子は⇒こちらで

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!