ルーヴルドーの復元ドライヤー、使ってみたら髪サラサラ、たるみアップ(笑)

ルーヴルドーの「復元ドライヤー」早速使ってみたレポです。

半信半疑で買ってみたドライヤーですが、ひそかに期待もあったりして。

 

いつもと同じようにシャンプー、トリートメントをして、いざ乾かします!

私はこれまでパワーの弱いものを使っていたせいか、復元どらおいやーはかなりパワフルに感じました。
ゴーっていう感じで勢いよく乾かしていきます。

復元ドライヤーは髪に近づけても髪が傷まないので、熱くない程度に近づけて乾かします。
そうすると乾燥時間も短時間で済みます。

髪にダメージを与えないから当て続けてもいいんですが、けっこう重いんでね、できるだけ早く乾かしたいというのがほんとのところ(笑)

そう、けっこうガッチリして重たいんですよ。
お年よりとか病気の人にはちょっとコタエル重さかも。

私も前は軽いドライヤーを使っていたので、最初は重さに戸惑う(笑)

 

 

測ってみたらなんと680グラムもありましたよ。
数字的にはたいしたことないかもですが、片手でずっと持つことを考えると重量感あります。

 

それで、早速髪を乾かしてみたのですが、最初はそれほどわからなかったのですが、乾いてくるとあら~不思議!なんか髪がさらさらしてきました。

熱を当てているのにサラサラしてくる・・・
この感覚、不思議です。

私は髪が傷んでいて、毛先もパサパサ。
全体的にも艶がなくて、髪がしっとり収まらないのが悩みだったんですが、復元ドライヤーを使い続けたら若い頃のような髪になるかも、なんて思いましたよ。

何しろ髪にダメージを与えないのでね、ガンガン使って行こうと思います。

 

出かけるときは、ヘアジェルやムースなどを使って髪を押さえつけていたけど、これも使わなくて済むかもしれないなぁ。

 

復元ドライヤーでリフトアップ、たるみ取りだ!

髪が殆ど乾いたら、今度はお顔のお手入れですよ~。

髪⇒顔、と続けてできるので、わざわざお手入れの時間を取らなくていいから怠けモノでもできるスペシャルケアです。

・あごから耳の付け根まで、ブォ~

・耳の付け根から鎖骨のあたりまで、ブォ~

・あごからフェイスラインに沿って額まで、ブォ~

・気になるほうれい線あたりを、ブォ~

あとはデコルテに風を当てたり、気になるところどこでも!

頭痛がしたらこめかみとか、腰痛なら腰とか、適当に適当に。
普段からツボの場所を覚えておくといいかも。

 

夏はちょっと暑いので、冷房の効いた部屋でやらないと汗が噴き出ます。

最初、ドライヤーの乾いた風を顔に当てて乾燥しないか、と思ったのですが、短時間なので気にならないかな。いや、でも、終わった後はしっかり顔の保湿をしておいた方がいいですけどね。

 

あとは、ドライヤーの吹き出し口はわりと大きいので、ピンポイントでしわに当たっている感じがしないというか、全体的に当たる感じがします。

風がブォ~っと顔に吹き付けるので、もう少し狭い範囲に集中的に当てられればと思ったりしました。

 

普段美顔器とか美顔ローラーを使っている人には、このなんともいえない大雑把な感じが気になるかも。

当たってないわけじゃないんですが、風を受ける範囲が広すぎるというか。

 

まぁ、それでも一応やってみました。
違いがわかるように、左半分だけ当てました。

 

結果、どうなったかというと・・・

 

これがウソみたいな話なんですが、口元のたるみ(マリオネットライン)が少し改善されて、頬っぺたのたるみが少し上がって、全体的にフェイスラインが引き締まったのです!

まだ一回やっただけなので、10歳若返ったとかはないですが。
(そんなのあったら詐欺ですが)

でも、それなりに手ごたえは感じましたよ。

 

オバサンの顔ってどうして老けて見るかというと、ズバリたるみなんですよね。

顔の輪郭がきれいな弧を描いてなくて、ガタガタヨレヨレ~。
そして、全体的に肉が下がってくるので、顔が四角くなってくる!

そして、男みたいな輪郭になってくるんですね~。
オバサンが中性化するのは、このフェイスラインの崩れにあるのではないかと思ってます。

 

復元ドライヤーを使うと、重力で引っ張られて力なく下垂してしまった顔の肉が元気を取り戻し、元あったところへ戻ろうとするんですね。

ただの風じゃなくて、マイナスイオンと育成光線を含んだ風がツボを押してくれるので、マッサージと同様の効果が得られるのじゃないかと思います。

ヘタすりゃ美顔器よりも即効性があって、違いがわかる気がします。

すでにしわやたるみが目立たなくなった、と言う人がまわりに何人もいるので、続けてみようって気になります。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!