メビウスウォーターは調味料と書いてあるけど、どんな味がするの?

こんにちは。風のない冬の日が大好きなマーヤです。

ところで、私のお気に入り、メビウスウォーター。

箱の裏を見てみると、面白い文字を発見します。

ちょっと見にくくてゴメンナサイ。こんな風に書いてあります。

名称 サラダ用調味料

原材料名 玄米、ブドウ、バナナ、黒糖、米麹、麦芽、昆布、クロレラ
ハト麦、アガリクス、クエン酸

名称、サラダ用調味料。

これを見ると、ドレッシングみたいなものかな?塩味でもついているのかな、と思うかもしれませんが、実際は違います。

メビウスウォーターは発酵と醸造を繰り返してミネラル化したもので、見た目は水みたいな感じ。

でも、販売時に法律上どこかに分類しなくてはならなくて、無理くり「調味料」というくくりにカテゴライズされた、ということなのです。

抗酸化水というのが一番名称としてはピッタリくる感じですが、なかなか難しいものですね、法律というのは。

 

スポイトで吸い上げてみると、無色透明です(^-^

少し指につけて舐めてみましたが、ほぼ無味無臭です。

調味料という名称からは想像できないお味(?)でした。

そんなわけで、お茶やジュースに入れても、炊飯時に使っても、料理に入れても、なんの違和感もありません♪

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!