小鹿俊郎社長の「還元くん」セミナーに参加しました

こんにちは、マーヤです。

小鹿俊郎社長(オジカインダストリー)の還元くんセミナーが11月に行われました!

私は久しぶりの社長のセミナーだったので、楽しみにしていましたよ。
参加するたびに違うお話が聞けるので勉強になります♪

 

わずか2,3時間のセミナーなので、たぶん話しきれないことも沢山あると思います。
だから毎回出て勉強するんですね。

ペットボトルに入っているお茶が「還元くん」(=ありがとうボトル)で作ったものです。

社長の持っているORP計(酸化還元電位計)は高性能でお高いものらしく、短時間で電位が測れるみたいです。

私の持っているのは1万円台なので、計測するのに少し時間がかかります。数値が動くのがゆっくりで、徐々に徐々に下がっていく感じです。

 

オジカインダストリーでは「還元くん」の他に「メビウスウォーター」「ワンゲル」も作っているので、セミナーではそのお話も少し聞けました。

 

でも、時間が押していたので、さわりだけだったのが残念です。

メビウスウォーター、ワンゲルも、私の知らない使い方や面白いお話があると思うので、こんどまたセミナーがあったら出席して来ようと思います ^^)

 

小鹿俊郎社長のセミナーで聞いたお話を少し

小鹿俊郎社長のお話は面白いのであっという間に時間が経ってしまいます♪

しかもためになるので、還元くんや酵素美容に興味のある方は一度出てみるといいかも。

セミナー代金もとても良心的ですから。

 

今回私が聞いて、へー、ほー、と思ったことをいくつかご紹介しますね。

 

水素水は簡単に持ち歩ける!

旅行などで家を空ける時、重い還元くんを持ち歩くわけにはいきません。
そんなときは、家で作ったお茶をペットボトルに詰め、残りが少なくなったら自販機で買ったお茶を足します。
そうするとまたまた水素が発生して美味しい水素茶が飲めます。

継ぎ足し継ぎ足しで使えるからすごく便利。ヨーグルトの種を増やす方法と同じですね。
一度水素が発生してしまえば継ぎ足す時はお茶の温度が低くてもOK。自販機の冷えているお茶でも使えます。

軽いペットボトル一本で何泊でも旅行できたり家を空ける事ができるので、これは是非実践したいですね。

 

 

自分に合った水素水を、お茶以外から作れる!

還元くんは、実はお茶の葉っぱしか使えないわけじゃないのです。
最初から色々言うと混乱するので、「お茶から水素を取り出す」と言っているそう。

新鮮な野菜や果物には水素がたっぷり含まれています。
たとえば、リンゴの皮や人参の皮、シイタケ、ゴボウなどなどなんでも少量をボトルに入れて、その上から水を注ぐと大量の水素が発生するのです。

自分の好みや体調に合わせて食品を選び、そこから水素を取り出して飲用するのが長続きのコツかもしれませんね!

 

 

ワインにはポリフェノールがない!?

還元くんは、お茶のポリフェノールに反応して水素を発生させます。

ところが、ポリフェノールが沢山含まれると言われるワインからは水素が取り出せないのです(^-^;

これって不思議な気もしますが、何度やってもワインからは水素が発生しないという結果になったそうです。
健康のためにワインを飲んでいる方は、ちょっと考えた方がいいかも・・・

でも、ブドウの皮を入れると還元電位が下がって水素が取り出せるそうです。

このように還元くんは、自分で確かめながら使えるところが優れているんですね。

誰かが「いい」と言っても、その真偽のほどはわかりませんが、自分の手を使って自分の目で確かめたものは納得できますよね^^

 

セミナーに行くとこんな風に知らなかったお話が聞けるので楽しいです。
そして、還元くん(ワンゲルやメビウスウォーターも)の使い方にヒントが得られることが多いです。

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!