「還元くん」と「ありがとうボトル」は同じものですよ♪

こんにちは、マーヤです。

今日は、ありがとうボトルと還元くんの違いについてお話しします。

実は私もこの2つの違いってなに?と思いました。
で、結論から言うと・・・

水素茶発生ボトル「還元くん」と「ありがとうボトル」と全く同じものです。

安心してくださいね!

どちらもオジカインダストリーで製造されているものです。

違うのは刻印されている文字だけ。

 

一般的によく目にするのは「還元くん」の方でしょうかね。

じゃ「ありがとうボトル」ってなに?って話ですが・・・

「ありがとうボトル」は、内科医の内海先生のネットショップで販売されているものです。

内海先生用の特別バージョンという感じなのかなぁと思います(笑)

 

内海先生も還元ボトルを勧めていて、小鹿俊郎さんを招待してセミナーを開いていたリ、対談の本も出されています。

そういう経緯から、内海先生独自のバージョンが作られたのか、と推測しています。

 

このブログでも、「ありがとうボトル」と言ったり「還元くん」と言ったりしていて混乱を招いているかもしれませんが、どちらも同じと解釈してくださいませm(__)m

ところで、オジカインダストリーでは時々ちょっと毛色の変わったスペシャルバージョンを作って販売しています♪

 

スペシャル版なので常にあるとは限らないし、数量もそれほど多くないみたいですね。
お値段も1000円ほど高くなります(>_<)

でも、なかなか素敵ですよ。特に女性に人気があるそうです♪

 

機能は同じでも「還元くん」ボトルとはまったく違うイメージですね。

 

にせもの「還元くん」には注意してください

上記で紹介したボトルはすべて本物で、オジカインダストリーで製造されています。

でも、還元くんを真似して作ったニセモノも出回っているそうです。ビックリです。

 

まず、見かけが違うとか。

還元くんやありがとうボトルは信楽焼きですが、ニセモノは美濃焼だそうです(笑)

でも、パッと見て何焼きなのか、焼き物に詳しい人以外はわからないですよね。。

だから、当サイトなどちゃんとオジカインダストリーの製品を扱っているところで購入するのがお勧めです(笑)

 

ニセモノは作りも違うし、機能的にも疑問符がつきます。私的にはちょっとヤバイかなぁと思います。
水素茶の生成過程がね・・・ あまり詳しくは書けませんが。

 

でも、真似されるということはその力を認められたことかもしれないですね。
これからますます必要とする人が増えてくるであろう「還元くん」に万歳です♪

還元くんオンラインショップ

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!