しいたけを使って「しいたけ水素水」を作ってみた

こんにちは。野菜の水素水作りにいそしんでいるマーヤです♪

今回はしいたけを使って水素水ができるか、挑戦してみました。

 

しいたけなどのキノコ類は癌細胞の抑制にもいいといわれていますよね。アガリクスというキノコもガン予防では有名です。

 

年齢的にガンが気になるお年頃になってきた、とか、家系的にガンが多いという方は、しいたけなどキノコを使った水素水を日常的に飲んでおくといいかもしれません^^

 

 

今回は「大地を守る会」のしいたけを使いました。新鮮です。

ちなみに、私が定期購入している「オイシックス」で、最近は「大地を守る会」や「らでぃっしゅぼーや」の一部の商品が買えるんですよね^^

シイタケも原木栽培のものがあるので気に入っています。

 

 

今回は、シイタケ2枚使いました。サイズはちょっと小さ目かな。

2つに切って、還元くんに押し込みました。

 

大きいのを無理やり押し込むと、あとで取り出すのが大変になるので注意です(笑)

 

あとは、ぬるま湯を注いで、蓋をして放置です。
しいたけも水でもいいかもしれませんが、出汁を取るイメージなので少し温かいぬるま湯に。

 

寒い季節はボトルをタオルで巻いたり、炬燵の上に乗せておくといいですが、まだそこまで気温が低くないので、私は横着してキッチンに放置しました。

 

 

そして、だいたい半日(10時間くらい)経過して、ORP(酸化還元電位計)で電位を測ってみました。

 

ちゃんと下がってますねー。-114という数字を叩きだしました!

ー100を超えたあたりで、もういいかな、と計測をストップしました。

もう少し計測時間を延ばせば、もっと電位は下がったと思います♪

別に低電位測定競争じゃないので、マイナス100もあれば充分です。

 

しかし、信じられないですねぇ。野菜から水素水ができるなんて・・・!

でも、目の前にある数値は嘘はつきません。確かに水素が溶存しています。

 

 

どんな味がするのか、飲んでみました。

少しだけ水が茶色っぽくなっています。

お味は・・・

 

シイタケの味がします(笑)

 

イヤな味じゃないけど、私は沢山ゴクゴク飲めないかな・・・やっぱりこれは、料理の時にだしや隠し味として使った方がいいかもしれません。

お味噌汁やお鍋を作れば、ベースのスープとしてボトル1本分くらいは一度に使っちゃえますね。

あ、でも、健康のためということなら、そのままガンガン飲むといいかもしれないです。
苦みやえぐみがないので、青汁よりははるかに飲みやすいですよ。

 

 

 

そして、使い終わったシイタケは、もちろん使います。

水素を取った後でもフニャフニャになったりしないので、充分食べられますよ。

 

でも、今回はうちの犬用に似ているスープに投入しました。

魚のアラを煮込んでいたので丁度いいかな、と思って(笑)

こうやって最後まで使い切るとなんだかとても満足ですね。

 

しいたけから水素を取る。
最初はほんとにできるのかな、と思いましたけど、充分すぎる還元電位でした!

低電位水素水「還元くん」のご購入は⇒還元くん専門ウェブショップ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!