癌になっても標準治療は受けない?

こんにちは、元気ならいつまでも生きていたいと思っているマーヤです♪

ところで、癌で亡くなる方は右肩上がりに増えていて、今や二人に一人がガンで亡くなるというオソロシイ時代です。

そして、抗がん剤の苦しさ辛さも知らない人はいなくなっていますね。

 

癌の治療には大雑把に分けて二つある、と私は思っています。

1つは、病院で標準治療を受ける(標準治療=手術、放射線、抗がん剤)

1つは、無治療または代替療法

 

どちらを選ぶかは当人の自由だと思います。

若い方やまだ先が長い方は治療を受ける傾向が強く、先が短くて人生の仕上げの時期にある方は積極的な治療を受けない方も多い印象です。

 

代替療法の一つとして、還元くんで水素茶を飲むことを取り入れる方もいますね。

まだまだ標準治療が多い中で、ある意味勇気ある選択だと思います。

 

ただ、標準治療をして再発もせず天寿を全うする人もいますね。
最近、標準治療は効果がないという主張も聞かれますが、それは極端な見解ではないかと私は思います。

 

一方で私は手術や薬以外の方法にも興味があって、色々調べたり試したりしています。健康オタクっていうほどでもないですが、自然の力や目に見えない力も思っている以上にあるのではないか、と考えているのです。

 

ところで、自分がガンの告知を受けたらどうするか、自問してみました。

すると・・・

すぐに答えが出てこないんですね、これが。

絶対病院の治療を受けるとも言えない。
そして、標準治療を一切拒否するとも言えない。。

 

先日聞いて、胸に響いた言葉があります。

「いつも代替療法や自然療法を調べたり実践して信じている人が、いざガンと宣告されるとそれらを忘れて病院の標準治療に走る。これが自分としては不思議でしょうがない」

これは、とある医師(断薬を推進する医師)の言葉です。

そうそう、そうなんですよね。なんだか私の事を言われたみたいです。

 

薬は副作用があるからできるだけ使わないほうがいい。抗癌剤も副作用が強いし体力を奪ってしまうから、やらないほうがいい。

こう思っていながら、ガンがわが身に降りかかってくると、とりあえず病院に走ってしまう。。

 

これはつまりそこまで覚悟ができていない、信じ切れていないということなのかもしれないですね。

 

自然療法や代替療法は、苦痛が少ないと思われるかもしれませんが、副作用の辛さがないだけで、病気の苦しさは当然あると思います。

本気で実践するのは、ものすごい覚悟と強い意志と信念が必要になるはずです。

もしかしたら、標準治療を受けるより精神的に大変でツラいかもしれません。

 

病気が進み過ぎて標準治療が受けられないなら、迷う余地はないかもしれませんが、もしまだ間に合う、今なら手術ができると言われたらどうするか、

それでも自分の信じた自然療法を選択することができたらそれは本物だし、命がけでやった人に奇跡は起きると言われているように、もしかしたら治るのかもしれないと思います。

いざという時にその人のホントの姿がわかると言いますが、本当に西洋医学を受けないという選択ができるのか、ガンなどの重篤な病はその踏み絵になるのかもしれない、と思います。

 

ただ、還元くんは水素の入ったお茶なので、治療と同時進行で摂取することも可能ではあります。

乳がんになって、再発もした女性が、手術を受けながら自然療法を実践して(還元くんではありませんが)、少しずつ快方に向かっているという話も実際聞いたことがあります。

上述した医師も、絶対に手術や治療を受けてはいけない、という考えではないと明言しています。(以前は西洋医学をほとんどすべて否定していましたが)

ひと口に癌と言っても、その実態は様々ですよね。

比較的に薬で改善しやすいもの、進行の速いもの、予後のいいもの悪いものなど。

その状態に応じて、手術や抗がん剤を取り入れながら自然療法を実践していく、という形も私はアリではないかと思っています。

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!