YM菌は犬にも使えますが、さてどうやって使う?

YM菌は最初は消臭剤として作られたんですね。

でも、一般的な消臭剤みたいに有害なものが入っていないので、色々な使い方ができるのです。

飲むのは一応勧めてない、ということですが、実際は口内炎ができた時などに口内に吹き付けたりして飲んじゃってる人もいるみたいですね。

まぁ、毒ではないので害はないみたいですが、最初は消臭剤を飲むのはちょっとなぁ、と思わないでもありませんでしたが(笑)

ところで、YM菌は犬にも使うことができます。
使い方は無限大です。自分で色々試してみるのも面白いと思います。

実際にこんな風に使っている方がいます ^^)

・飲み水にシュッと吹き付ける

・皮膚にシュシュッと噴霧する

・口内に吹き付ける

・おしっこやうん○で汚れたカーペットなどに吹き付けて洗う

・ブラッシング時に使う

要は何でもいいんですね^^

 

YM菌は2リットルで2000円ちょっとというお安さなので、ガンガン使っても気にならないのがいいところ!

それなのに、使う量は少量でOKだから、どれだけ飼い主思いなんだろう、と思いますね(笑)

 

たとえば、飲み物皿にはほんとに1プッシュというか、1回シュッとするだけで大丈夫です。
犬もわかるのか、いつもより水をよく飲むという話も聞きます。

また、私がスゴイなと思ったのが皮膚のトラブルです。
犬って毛が抜けて地肌が丸見えになっちゃうことがあるんですね。

皮膚が弱い子はほんとに見ていて可哀想なくらいまるハゲ状態になることも・・・
原因は真菌、感染症など色々だそうです。

そういう子がYM菌を使っただけで、フサフサ元通りになったなんて話も珍しくありません。

あと、皮膚にニキビみたいなできものができる事がありますが、そういうものにもいいですよ。

薬みたいに副作用がないので、安心してシュッシュできます。

 

犬は口臭が強い子も多いです。
そんな子には口の中にYM菌を吹き付けてあげると、口臭がなくなってくるそうです。

うちの子はなぜか口臭がないので(自慢の一つ(笑))実感としてはわからないんですけどね。

それにしてもどうして犬って口臭があるんでしょうか?
飼育環境が劣悪で、歯のケアを全然してこなかったとか、歯の病気があるならわかるのですが、なんでもない子でも口臭の強い子がいますよね。

1つの加齢現象なんでしょうかね・・・

YM菌を吹き付けるだけでもいいそうですが、そのあとに歯ブラシを使って歯磨きをしてあげるともっと良さそうです。

私は、スプレーボトルにYM菌を詰替えて、そこにメビウスウォーター(=ワン酵素)を1%ほど入れて使ってます。

メビウスウォーターも食品から作られた酵素なので、皮膚にもOKだし飲んでも大丈夫です。

これがYM菌との相性が抜群で、さらにパワーアプするんですね!

私は薬を全く使わないわけではないし、病院で処方される抗生剤などは確かに強力ですぐに効果が現れます。

さすがの力につい薬に頼りたくなることもありますが、急を要する症状ではない時や、ワンコが気にしていないようなら、YM菌などを使いたいものですよね♪

汚れ落としやにおい消しには、ほんとにパワーを発揮する!

YM菌は匂いの元をシャットアウトするので、香りで上からごまかすのとは違います。

尿の匂いが強烈な老人ホームとか介護施設、災害時の避難施設などでも使われていることからもその凄さがわかりますよね。

私は、ペットシーツを捨てるベランダのゴミ箱に思いっきり何度も吹き付けてます。

また、ゴミ袋にもシュシュッとやるとゴミ袋からも匂いが消えます!

在宅介護をしていて部屋の中にトイレがある場合にもいいと思いますよ。

家についた尿や便の匂いって、何年か残るんですよね。
柱や壁にしみ込んでしまうんでしょう。

私も子供の頃同居していた祖母が部屋でトイレを使っていたのですが、亡くなった後も2,3年は匂いが消えなかったです・・・

あれはかなりキツイ!

 

同じようなにおい消しに「ヌーラ」という製品があって、これもなかなかパワフルなんですが(使ったことあり)、ちょっとお値段が高いんですよねぇ。

それに、ヌーラはにおい消しだけなので、汚れ落としもできるYM菌の方が使い勝手がいいかなと思います。

糞尿で汚れたマットなど、YM菌を吹き付けてから洗えばきれいになるし、除菌効果もあるから便利ですよ~。

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!